空室問題で困らない

綺麗な台所

個人でマンションやアパート等の賃貸経営を行っていく上では管理業務が大きな労力となります。特に賃貸経営の初心者が気が気でなくなってしまう点が、空室対策と住人間のトラブル対処です。経験が多いと空室の原因を突き止めることができたり、住人間のトラブルにも機械的に対応できたりしますが、賃貸経営デビューをする頃には大きな懸念材料となってしまいます。 そういうときに役立つのが管理会社への依頼です。業務委託を行ってしまうことでそういった状況への対処を任せてしまえば良いのです。特に空室対策についてはサブリース契約を結んでしまえば全く気にする必要がなくなります。その賃貸物件そのものを管理会社に借り上げてもらうことができるため空室の有無にかかわらず一定の賃料をもらうことができるからです。

管理会社とサブリース契約を結ぶメリットは空室対策だけではありません。管理会社が収益を上げるためにはその維持管理に携わらなければならないため、ほとんどの業務をまとめて委託することができ、大家であるというだけで労力のかからない経営を行うことができるのです。 ただし、サブリース契約を行うと自分で賃貸経営を行うよりは収入は目減りしてしまうことは否めません。特に物件の状態や立地、ニーズなどに詳しい管理会社と契約を結ぶことになるので、実際に予想される収益よりも低い賃料で契約せざるを得ない状況になることは避けられないでしょう。しかし、労力をかけずに毎月少しずつでも収入が得られればよいという考え方に立てばとても有用なのがサブリース契約なのです。